熱燗に合う肴をご紹介

熱燗に合う冬の肴をご紹介

日本酒好きの方にとって、冬場のお酒の楽しみ方は熱燗が定番です。熱燗はお酒を楽しみつつ、体を温める効果もある一石二鳥の飲み方です。熱燗に関する基礎知識や、熱燗に合う冬の肴をご紹介します。


1)熱燗とは

熱燗とは、日本酒を徳利に入れて、50℃程度に温められた日本酒の事を指します。単に徳利で温められた日本酒の事を熱燗と言うのではなく、燗の温度によって呼び名や味わいが異なります。例えば、40℃の場合はぬる燗、45℃は上燗と呼ばれます。ぬる燗はお酒の香りが広がり、まろやかな味わいになるのが特徴です。上燗は引き締まった香りを楽しむ事ができます。最も標準的な温度と呼ばれる50℃まで温める熱燗の場合は、キレの良い辛口になり、香りがシャープになるのが特徴です。熱燗は寒さが厳しい冬の季節に、体を温めながらお酒を楽しむ方法の一つして、古くは江戸時代から伝わる伝統的な飲み方です。

1-1)熱燗と冷酒の違い

日本酒は、温度によって香りや旨味が変化するお酒です。飲み方としては主に熱燗、冷酒の2種類があります。例えば、熱燗の場合はお酒を温めることにより、日本酒本来の香りやコクが引き立ちます。一方、お酒を冷やした状態で飲む冷酒は、香りが落ち着いてスッキリとした飲み口が特徴です。日本酒は銘柄によって熱燗向き、冷酒向きのものがあります。熱燗で楽しむ場合は、燗酒向けの日本酒を選ぶようにしましょう。

1-2)熱燗に合う日本酒とは

熱燗で大事なのが日本酒選びです。熱燗は日本酒を50℃程度に温めるため、温めても香りが飛ばない純米酒や本醸造酒が合います。コクや旨味が強い純米酒や本醸造は、温めることによって、より深い旨味やコクを味わう事ができます。反対に、香りが高い大吟醸酒などは、温める事によって香りが飛んでしまうため、熱燗には向いていません。日本酒の特徴を理解し、熱燗に最適なお酒を選ぶことが大切です。

1-3)自宅でも簡単にできる熱燗の作り方

徳利と鍋を用意すれば、自宅でも簡単に熱燗を作る事ができます。ポイントは徳利の9分目までお酒を入れて、注ぎ口にラップを掛けて温めることで、お酒の香り成分を飛ばさないようにすることです。アルコール成分が飛ばないように、一度お湯を沸騰させてから徳利を入れる点もポイントです。お酒が徳利の上まであがり、徳利の底に指を当てて熱いと感じたら出来上がりです。簡単に出来ますので、自宅でも熱燗を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2)熱燗にお勧めする冬の肴

2-1)鶏スープと相性抜群の冬の味覚 仙台せり鍋

宮城の冬の味覚、仙台せり鍋は熱燗との相性が良い肴です。寒さが厳しくなる冬場に、体が温まる鍋と熱燗が合わないわけがありません。せり鍋と熱燗の相性をぜひ堪能ください。シャキシャキした食感のせりと鶏スープを熱燗と合わせる事で、後味がスッキリし箸が進みます。

2-2)冬の味覚 霜降りの寒ブリ

冬の季節に熱燗と共に味わいたいのが、脂がたっぷり乗った霜降りの寒ブリです。寒ブリは冬の日本海を代表する味覚で、寒さが厳しくなる11月〜2月下旬にかけて富山湾で水揚げされます。寒ブリのお勧めの食べ方は、お刺身でです。口に残る濃厚なブリの脂が日本酒の温度によって溶けだし、甘味と旨味が口の中に広がります。

2-3)デトックス効果もある 万能食材鴨肉

老廃物が溜まりやすい冬の季節。そんな冬にお勧めする肴が鴨肉です。鴨肉に多く含まれる不飽和脂肪酸が、体に溜まった老廃物を体の外に出してくれる効果があると言われています。鴨肉は、冬の定番の鴨鍋として楽しめます。

*鴨肉料理を缶詰にしたNODAKAMO
酒肴の蔵66では宮城のブランド鴨肉を使用した加工品を販売しています。中でも熱燗にオススメの肴が鴨だんごです。鴨だんごは、ブランド鴨の野田鴨を使用した鴨だんごと、地元産の野菜、昆布や椎茸等から丁寧にダシを取ったスープの缶詰です。鴨のコクと出汁の風味に、こんにゃくやしめじ、ごぼう等の野菜の旨味が溶け込み、重層的な旨味がお楽しみ頂けます。食中酒に適している純米酒や、特別純米酒を熱燗にして合わせていただくと、より美味しくいただけます。ご購入はこちら。マイナビニュースで掲載された、鴨だんごの紹介記事はこちら

2-4)濃厚でクリーミーな冬の味覚 鱈の白子ポン酢

冬の味覚の一つが鱈の白子ポン酢です。白子は1月〜3月が最盛期で、冬の居酒屋では定番の肴メニューとして人気です。口に含むと蕩ける食感がたまらない白子は、ポン酢がオススメです。冬になるとスーパーにも並ぶため、自宅でもお手軽に楽しむ事ができます。

2-5)トロトロの牛肉と野菜の旨味が満載 牛すじ煮込み

熱燗は肉類の肴にも相性が抜群です。中でも肉類の肴でオススメなのが、居酒屋の定番メニューでもある牛すじ煮込みです。トロトロになるまで煮込んだ牛すじ肉と、こんにゃくや大根の野菜の旨味が詰まった温かい煮込み料理は、冬の寒い時期にピッタリな肴です。熱燗と共に頂くと身体がポカポカ温まります。

3)お酒に合う肴を提案する 酒肴の蔵66

日本酒を始めとする、酒類の肴を販売する『酒肴の蔵66』。各地の名料理人が、こだわりの地元食材を丁寧に調理し、缶詰、瓶詰めとして販売します。ワイン、焼酎、ビールなど、お酒シーンに合う様々なサイドメニューを提案します。酒肴の蔵66のTOPページはこちら
 

  • 酒肴の蔵66とは
  • 日本酒に合う肴缶詰
  • ギフト商品のご紹介
野田鴨の紹介