牛タンシチュー 家庭でも味わえる本格的なレトルト商品をご紹介

本格的な味が味わえる牛タンシチューのレトルトをご紹介

レストランで食べるイメージが強い牛タンシチューですが、近年通販によって、牛たんの本場仙台の名店や、老舗洋食屋のレトルトの本格的なタンシチューがご家庭でも味わえます。ワインに合うのはもちろん、バケットにソースを付けて食べる事で、簡単に洋風の食卓が演出できる手軽さも人気の秘訣です。ご家庭でも作れるレシピや、オススメの牛タンシチューをご紹介します。そして、レストランの料理人がデミグラスソースから手作りする缶詰「週末牛タンシチュー」を、酒肴の蔵66にて販売しております。是非ご賞味ください。週末牛タンシチューはこちら

1)牛タンシチュー

柔らかく煮込んだ牛タンを、濃厚なデミグラスで頂く洋食定番メニューのタンシチュー。タンシチューは牛の舌を煮込んだ料理であり、様々な作り方があります。発祥はヨーロッパと言われ、各国で様々な牛タンの煮込み料理が食べられています。日本では、小麦粉を丁寧に炒めて作るデミグラスソースをベースにして、香味野菜と牛タンを、赤ワインと煮込んだものが一般的です。

1-1)牛タンシチューのレシピ

調理に時間がかかるイメージのタンシチューですが、ご家庭でもできるレシピをご紹介します。

  • 材料(2人分)
    牛タンブロック400g/玉ねぎ1個/にんにく1片/トマトピューレ1缶/デミグラスソース1缶/赤ワイン300ml/ウスターソース小さじ1/ケチャップ大さじ1/バター20g/ローリエ1枚/チキンブイヨン1個/塩と胡椒 適量
  • 下準備
    1)牛タンを3cm程度に切り、塩とこしょうを適量まぶして、約1時間ほど馴染ませます。
    2)玉ねぎは皮をむいて、くし切りにし、にんにくを皮をむいて潰します。
    3)鍋にお湯を沸かし、牛タンを入れ、表面が白くなるまでサッと茹でます。
  • 作り方
    1)鍋にバターとにんにくを入れ、牛タンの表面に焼き色が付いたら、鍋から取り出します。
    2)1の鍋に玉ねぎを入れ、飴色になるまでじっくり炒めます。
    3)赤ワイン、トマトピューレ、ローリエ、チキンブイヨンを入れ、ひと煮立ちさせます。
    4)取り出しておいた牛タンを鍋に戻し入れ、蓋をして弱火で1時間半ほど煮込みます。
    5)鍋にデミグラスソースとウスターソース、ケチャップを加えて、さらに15分煮込みます。
    6)塩、胡椒で味を調えて完成です。
 

2)レトルトだけど本格的な牛タンシチューをご紹介

洋食レストランで食べる機会が多いタンシチューですが、最近ではレトルトでも本格的な牛タンシチューが登場しています。ご自宅でも作れる牛タンシチューですが、もっと手軽に美味しい牛タンシチューを食べたい方も多いのではないでしょうか。そこで、宮城の牛タンの名店から、老舗洋食屋の逸品まで、ご家庭にお勧めの厳選したレトルト牛タンシチューをご紹介します。

2-1)牛たん炭焼き利久 牛たんシチュー

牛タンの本場宮城で多店舗展開する利久は、独自に熟成度させた、程よい厚みの牛タンを、炭火で焼き上げる人気店です。利久のタンシチューは、大きな牛タンの塊がゴロゴロ入り、ホロっと柔らかいのが特徴です。特製のデミグラスソースは、実際に店舗でも提供されているものがパックされています。湯煎するだけなので、ご家庭でも簡単に召し上がれます。

2−2)伊達のくら 箸で切れる牛たんシチュー

伊達のくらのタンシチューは、その名の通り箸で切れるほど柔らかい牛タンが特徴です。硬いタン先は使わず、タン元を長時間煮込む事で、ホロホロの歯ざわりを実現しています。ソースは甘めなので、小さいお子さんから大人まで、幅広い年代の方にオススメです。

2−3)老舗洋食店 土筆苑のとろける牛タンシチュー

土筆苑は兵庫県西宮市で50年以上の歴史を紡ぐ、老舗洋食店です。大きな牛タンが目を引くタンシチューは、オーストラリア産の上質な牛タンを贅沢に使用しています。5時間煮込んだ牛タンは、とろける美味しさ。特製のデミグラスソースは、老舗洋食店ならではの上品な味わいです。

2−4)レストラン ノワドココ まるごと牛タンシチュー

大阪で絶品ローストビーフといえば、真っ先に名前が挙がるのがノワドココ。常連のお客様の声から商品化されたという牛タンシチューは、タンを縦にカットする事によって、タン元からタン先まで贅沢に味わえる一品です。レトルトパウチを湯煎するだけで、ご家庭でも名店の味を楽しめます。

2−5)酒肴の蔵66の「週末牛タンシチュー -熟成濃厚デミグラス-

せっかくの休日には、外出する事も楽しいですが、日頃の疲れを取るために、お家でゆっくりする時間を大切にする方も多いのではないでしょうか。家族そろってご飯を食べたり、少し早い時間からお酒と肴を摘みながら夫婦の時間を楽しむのも、素敵な自宅での過ごし方ですね。酒肴の蔵66では、普段よりもゆったり時間が流れる週末に、ちょっと贅沢ができる牛タンシチューをご用意しました。レストランの料理人が、楽しい食卓を思い描きながら、一から手作りした牛タンシチューをご紹介します。
  • 美味しさを追求した製造方法
    赤ワインをたっぷり使ったデミグラスソースは、寝かせて2日をかけ、しっかり熟成させています。寝かせる事によって、材料の味がまとまり、味わい深い濃厚なソースに仕上げました。野菜には、宮城県南産の地場野菜を使用しています。にんじんは程よい柔らかさを残し、じゃがいもはモッチリとした楽しい食感に。また、缶詰には添加物、化学調味料、保存料を使用せず、手間暇かけたレストランのレシピで製造しています。料理人が3日間かけた、手仕事のなせる味をご賞味ください。
  • 缶詰にする事でより美味しく
    タンシチューと言えば、パウチで販売されているのが一般的です。パウチは利用しやすい反面、強いレトルト臭を感じたことのある方も多いのではないでしょうか。一方、週末牛タンシチューの缶詰は、自然なタンシチューの味わいをお楽しみ頂けます。
  • 二段熟成が美味しさの秘訣
    缶詰にする際に空気を抜く事で、缶の中でゴロっとした牛タンや野菜にソースが染み込みやすくなり、より一体的な味わいとなります。デミグラスソースを寝かせ、缶の中でも旨味の詰まったソースと食材が熟成される二段熟成の深い味わいを、ぜひご家庭でもご賞味ください。こだわりの詰まった 週末牛タンシチュー の販売はこちらです。
 

3)お酒に合う肴を提案する 酒肴の蔵66

日本酒を始めとする、酒類の肴を販売する『酒肴の蔵66』。各地の名料理人が、こだわりの地元食材を丁寧に調理し、缶詰、瓶詰めとして販売します。ワイン、焼酎、ビールなど、お酒シーンに合う様々なサイドメニューを提案します。酒肴の蔵66のTOPページはこちら

  • 酒肴の蔵66とは
  • 日本酒に合う肴缶詰
  • ギフト商品のご紹介

コンテンツを見る

野田鴨の紹介

コンテンツを見る