世界有数の漁場 南三陸の海の幸 お取り寄せ高級缶詰のご紹介

豊富な海鮮料理が堪能できる南三陸地域

ウニ、アワビ、牡蠣を始めとした海産物が豊富な宮城県南三陸地域。南三陸にある三陸金華沖は、世界にある漁場の中でも、漁獲量の多さから世界三大漁場の一つに数えられます。本記事では名産品やグルメ、観光スポット等、南三陸の見所を一挙ご紹介。また、自宅にいても南三陸の海の幸を味わえる、高級缶詰のお取り寄せ情報も併せてお伝えします。

1)海鮮料理好きに絶対オススメの南三陸エリア

青森県、岩手県、宮城県の3県にまたがる三陸海岸のうち、南部地方にあたる場所が南三陸地域となります。地域で言えば宮城県本吉郡南三陸町が該当します。一般的に南三陸地域といえば、南三陸町があるエリアを言います。

南三陸には世界三大漁場の一つ三陸金華沖漁場があり、親潮と黒潮が混ざる潮目エリアで、植物性プランクトンやミネラルが豊富に形成されます。魚にとっては絶好の住処となるため、サンマやサバ、マグロやカツオなど、豊富な種類の魚が水揚げされます。また、自然の恵みを活かした養殖業も盛んです。銀鮭、牡蠣やホタテ、ホヤなどが代表例です。

2011年の東日本大震災の際に発生した津波の影響により、南三陸町も甚大な被害を受けました。未だ復興の半ばですが(2021年4月現在)、復興商店街の南三陸町さんさん商店街を中心とした観光コンテンツや、令和3年度には道の駅が新たにオープン予定など、復興に向けた街づくりが進んでいます。
 

1-1)南三陸地域と言えば豊富な魚介類

南三陸地域では、四季折々に豊富な海産物が水揚げされます。高級食材の天然うにやアワビを始め、養殖されている牡蠣やわかめ、ホタテ貝などが南三陸産の海産物として有名です。また、海のパイナップルと呼ばれるホヤや、1年で1か月しか味わえない生めかぶなども、南三陸を代表する食材です。

 

1-2)美味しい海鮮料理以外にもパワースポットや海猫アクティビティーも

南三陸エリアには、新鮮な海の幸グルメをはじめ、豊かな自然を活かした観光コンテンツも豊富です。南三陸の名産や名物、オススメのグルメ、観光スポットをご紹介します。海の幸グルメ好きの方、一度南三陸エリアを訪れて、新鮮な海の幸を堪能してみては如何でしょうか。
 

a)南三陸の名産品 志津川湾で取れる魚介類

南三陸の名産品といえば、やはり志津川湾で水揚げされる新鮮な海産物です。春は三陸わかめ、夏はホヤ、秋はサンマ、冬は寒鱈と、四季ごとに個性の異なる旬の食材が味わえるのが南三陸です。他にも天然のアワビやうに、牡蠣、真ダコ、銀鮭など、豊かな漁場で水揚げされる海産物が名産品として知られています。
 

b)南三陸の名物 旬の食材で変わるキラキラ丼

南三陸を代表する名物がキラキラ丼です。季節ごとの旬の海産物を豪華に盛り込んだどんぶりは、南三陸を代表する名物として定着しています。春はつげ丼、夏はうに丼、秋は秋旨丼、冬はイクラ丼と、旬の食材を味わう事ができます。南三陸のさんさん商店街内の飲食店を始め、志津川地区や歌津地区など、町内外約9店舗で提供されています。
 

c)南三陸エリアのオススメ観光スポット

  • ご当地価格で地元食材を味わえる さんさん商店街
    南三陸を代表する観光スポットです。震災後の2012年に仮設店舗としてオープンし、まちの復興と希望のシンボルとして、町民と観光客など、多くの人と心の絆が生まれる場所となりました。2017年には仮設から本設オープンとなり、志津川湾で水揚げされる新鮮な海産物や、名物のキラキラ丼を味わう事ができます。ご当地価格で海産物も購入する事ができるため、南三陸に来たら外せない場所です。
  • 白砂青松100選に選ばれパワースポットでもある 神割崎
    神割崎は、日本の白砂青松100選にも選ばれている南三陸屈指の景勝地として有名です。そして神割崎には、二つに割れた岩間から日の出を望むことができるパワースポットもあります。岩に打ち寄せる荒波と波しぶきの光景は圧巻の一言です。
  • ウミネコの餌やりアクティビティが体験できる 志津川湾観光船
    観光船に乗って志津川湾を楽しむのもオススメです。約1時間のクルーズでは、南三陸の海を眺めながら、ウミネコへの餌やり体験をする事ができます。ツアーは南三陸にあるホテル観洋が発着となっています。ホテル観洋には海のパノラマを一望できる露天風呂が完備され、アワビやウニなどの美味しい地元の海鮮料理が味わえますので、併せてお楽しみ下さい。
 

d)南三陸エリアのオススメ食事スポット

  • 旬な食材の目利きが自慢 創菜旬魚はしもと
    南三陸名物のキラキラ丼を味わうなら、さんさん商店街内にある創菜旬魚 はしもとがオススメです。代々漁師だったご主人が目利きする旬の食材を味わう事ができます。店内にはテーブル席とお座敷があるため、落ち着いた雰囲気の中での食事が楽しめます。
  • 南三陸産のキラキラうに丼が食せる 南三陸ホテル観洋 レストランシーサイド
    うに丼を堪能したい方には、南三陸ホテル観洋 レストランシーサイドの南三陸キラキラうに丼を召し上がっては如何でしょうか。ホテル観洋の女将が発案したキラキラうに丼は、ご飯が隠れるほどウニが盛り付けされ、殻付きウニ1個も付いた一品です。
  • 地元食材をバーベキューで楽しめる 海フードBBQ
    海フードBBQでは、海産物を炭火焼きで堪能できる海鮮炭火焼BBQセットを提供しています。ホタテ貝や海老、タコなどを目の前で焼いて楽しむ事ができます。海産物を炭火焼きで楽しめる一押しスポットです。
 

2)南三陸食材を地元の食べ方で食す

2-1)雲丹(うに)のお勧めグルメ

  • キラキラうに丼
    雲丹の定番メニューがキラキラうに丼です。雲丹漁が最盛期を迎える5月になると、新鮮な雲丹をご飯が隠れるほど丼ぶりに乗せたキラキラうに丼がメニューに並びます。
  • うに味噌
    南三陸のおふくろの味がうに味噌です。保存食として用いられるうに味噌は、油で炒めた味噌と砂糖に、生うにを加えるだけの実にシンプルな料理です。おにぎりの具や、ご飯のお供にオススメです。

2-2)鮑(あわび)のお勧めグルメ

  • アワビの炊き込みご飯
    産地ならではの食べ方が、アワビの炊き込みご飯です。アワビの身と肝の両方を使用します。肝は調理料と合わせ、身はご飯が炊きあがる5分前に入れて蒸らします。アワビは蒸す事によって、コリコリとした食感から弾力のある噛み応えになり、噛むほどに旨味が口の中に広がります。磯の香りが食欲をそそり、ついつい箸が進みます。

2-3)牡蠣(かき)のお勧めグルメ

  • 牡蠣のカンカン蒸し
    地元の漁師さんが考案した、一斗缶の中に牡蠣を入れて蒸すだけのとてもシンプルな食べ方です。蒸し焼きにした牡蠣はプリっとしていて、クリーミーな味わいを楽しむ事が出来ます。


 

3)南三陸産 鮑、雲丹、牡蠣を使った缶詰を通販で販売

酒肴の蔵66では、南三陸産の新鮮な食材を使用した高級缶詰を販売しております。宮城県漁協志津川支所の女性部が中心となって結成された「南三陸おふくろの味研究会」のメンバーの方々が、一缶ずつ手作りされています。水揚げされた食材を新鮮なうちに加工し、素材の味を引き出すために無添加で仕上げました。一缶にお母さん達の愛情と素材の味が詰まった逸品をぜひご賞味下さい。
 

3-1)南三陸産アワビを使用した アワビのアヒージョ

贅沢にも、一缶にアワビが1個半詰まっているアワビのアヒージョ缶。アワビは食べやすい大きさにカットされ、ニンニクと唐辛子で風味付けされています。召し上がる際は、缶詰を湯煎し、熱したスキレット等に移してお召し上がり下さい。白ワインとのペアリングでより美味しく頂けます。旨味が詰まったオイルは、バケットに付けたり、パスタソースとしてのアレンジもオススメです。アワビのアヒージョの通販販売はこちらから。
 

3-2)南三陸産ウニを使用した ウニたまちゃん

ウニたまちゃんは、天然の南三陸産ムラサキウニと玉ねぎを使用した缶詰です。スライスした玉ねぎの上に、甘みのあるウニがぎっしりと敷き詰められています。なお、志津川湾でのウニ漁は年5〜6日しか漁が解禁されないため、南三陸のウニはとても希少です。ご飯にたっぷり乗せたうに丼や、そのままお酒のおつまみとしてお召し上がり下さい。純米系の日本酒との相性が抜群です。ウニたまちゃんの通販販売はこちらから。

 

3-3)南三陸産カキを使用した カキの醤油麹煮

南三陸産の牡蠣を醤油麹でシンプルに仕上げました。カキのプリっとした触感と旨味を味わえる一缶です。そのままは勿論、カキをバケットに乗せたブルスケッタのアレンジもオススメです。日本酒や白ワインとのマリアージュで、より美味しく頂けます。カキの醤油麹煮の通販販売はこちらから。

 

4)お酒に合う肴を提案する 酒肴の蔵66

日本酒を始めとする、酒類の肴を販売する『酒肴の蔵66』。各地の名料理人が、こだわりの地元食材を丁寧に調理し、缶詰、瓶詰めとして販売します。ワイン、焼酎、ビールなど、お酒シーンに合う様々なサイドメニューを提案します。酒肴の蔵66のTOPページはこちら

 

  • 酒肴の蔵66とは
  • 日本酒に合う肴缶詰
  • ギフト商品のご紹介

コンテンツを見る

野田鴨の紹介

コンテンツを見る