日本酒に合う肉、魚、野菜などの食材をご紹介

日本酒に合う肉、魚、野菜をご紹介

お酒の旨味を引き出す肴。肴に合う食材選びのポイントは、お酒の特性を理解し食材を選ぶ事です。日本酒の肴になる肉、魚、野菜の特徴や扱い方、オススメ料理をご紹介します。


1)特徴により肴の食材が変わる

日本酒は産地や造り方、酒の種類によって風味や香りが異なり、薫酒、爽酒、醇酒、熟酒の4つに分類されます。例えば、フルーティーな香りや爽やかな味わいが特徴の薫酒は、素材の味を活かしたあっさりとした食材との相性が良いと言われています。食材の代表例としては、刺身や塩焼き、山菜の天ぷらが挙げられます。お酒と食材が調和する肴を選ぶ事で、お酒がさらに美味しくなり、食材の味も際立ちます。逆にお酒と相性の悪い食材を肴にしてしまうと、お酒の美味さや食材の良さが消えてしまう事もあります。肴の食材を選ぶ際にはその点を意識するようにしましょう。

2)肴に良く使われる定番食材

2-1)焼き鳥から燻製料理までアレンジが豊富な鶏肉

居酒屋や一般家庭の肴として馴染みのある食材が鶏肉です。おつまみの定番である焼き鳥や唐揚げを始め、鶏の酒蒸しや燻製料理等、料理のアレンジが豊富なのも鶏肉の特徴です。銘柄鶏や地鶏を使用した肴も多く存在し、名古屋コーチンのフォアグラ生レバ刺しや、宮崎地鶏の炭火焼きなどが有名です。ネットでの取り寄せも可能ですので、地鶏を肴にして贅沢に晩酌を楽しんではいかがでしょうか。

2-2)低カロリーで栄養素が高い食材の鴨肉

鶏肉よりもヘルシーで、ビタミンや鉄分の栄養素が豊富な鴨肉は日本酒との相性が抜群です。鴨肉といえばフランス料理や、鴨鍋やローストの料理で提供されているのが主流ですが、酒肴の蔵66では鴨肉を加工した常温加工商品を販売しています。湯煎するだけで手軽に召し上がる事ができるので、家飲みの肴としてもおすすめです。

*鴨肉料理を缶詰にしたNODAKAMO
酒肴の蔵66では、野田鴨を使用した鴨缶 NODAKAMOを販売しています。野田鴨の名づけ親である小林氏が、素材の味を最大限に引き出すレシピを探求し、一つ一つ丹精込めて手作りした究極の一品をご家庭でお楽しみ下さい。

2-3)鍋や煮込み系の料理に合う豚肉

もつ煮やもつ鍋、角煮等の煮込み系の肴に使用される定番の食材が豚肉です。特に、豚の内臓系を使用したもつ煮やもつ鍋は日本酒との相性も良く、古くから居酒屋の定番メニューとして高い人気を誇ります。寒い季節にお酒を楽しみたい時の肴にぴったりの食材です。

2-4)アレンジ料理が豊富なイカ

魚介類のおつまみ定番食材のイカ。定番のイカの塩辛を始め、ぽっぽ焼きやするめなど、様々な調理法の肴があります。イカの名産地である北海道や三陸の地方では、イカ徳利という、イカの身を利用した酒徳利も存在します。日本酒との相性も良く、居酒屋や自宅で日本酒を楽しむ際には欠かせない肴の一つです。

2-5)焼き料理やたたきで楽しむアジ

日本酒に合う刺身として定番食材となるのがアジです。中でもアジを細切りにして、しょうがやねぎを加えて作るなめろうは、日本酒と相性抜群の一品です。居酒屋の定番メニューとして親しまれているなめろうは、自宅でも簡単に作る事が可能な肴です。なお、なめろうは鮮度が命ですので、新鮮なアジを使用して作るのが肝になります。

2-6)珍味の定番乾き物エイヒレ

居酒屋や自宅飲みでの人気の食材の一つがエイヒレです。エイヒレは七輪やトースターで軽く炙り、マヨネーズや七味をトッピングして食べるのが一般的です。エイヒレ独特のシャリシャリした食感と日本酒との相性が良く、ついついお酒が進みます。

2-7)春にをお浸しや天ぷら頂く山菜

春の季節に、おひたしや天ぷらで提供される定番の肴が山菜です。ワラビ、ふきのとう、タラの芽、行者ニンニクなど様々な山菜があります。独特な香りと少し苦みのある山菜は、日本酒との相性も良く肴として親しまれています。

2-8)味のバリエーションも楽しめる枝豆

軽く塩茹でするだけで簡単にお酒のお供になる枝豆は、夏定番の肴です。調味料を加えて、燻製やガーリック炒めにアレンジすれば、塩茹で枝豆とはまた違った風味や旨味を堪能する事ができます。なお、枝豆も収穫した直後が一番美味しく、鮮度が重要です。なるべく鮮度が良いうちに召し上がるようにしましょう。

2-9)箸休めにぴったりのきゅうり

さっぱりとした味わいのきゅうりは、居酒屋や一般家庭の晩酌での箸休めの料理に最適な食材です。箸休めとは食事の途中で口の中をさっぱりさせるために食べる小品料理の事をいいます。酢の物や和え物、漬物など、様々な料理にアレンジできる万能食材のきゅうりは日本酒との相性も良く、単品で肴としても楽しむ事ができます。

3)お酒に合う肴を提案する 酒肴の蔵66

日本酒を始めとする、酒類の肴を販売する『酒肴の蔵66』。各地の名料理人が、こだわりの地元食材を丁寧に調理し、缶詰、瓶詰めとして販売します。ワイン、焼酎、ビールなど、お酒シーンに合う様々なサイドメニューを提案します。酒肴の蔵66のTOPページはこちら
 

  • 酒肴の蔵66とは
  • 日本酒に合う肴缶詰
  • ギフト商品のご紹介
野田鴨の紹介