冷酒に合う肴をご紹介

冷酒に合う夏の肴をご紹介

日本酒を冷やして飲む冷酒。日本の暑い夏には欠かせませんね。冷やした日本酒に合う肴があれば、よりマリアージュが楽しめます。冷酒が最も美味しい季節になる夏の肴をご紹介致します。


1)冷酒とは

冷酒とは、5℃〜15℃程に冷やした日本酒の事を言います。お酒を冷やす事で、フルーティーな香りや軽やかな口当たりをより楽しめるのが冷酒です。日本酒を冷やすと冷酒になりますが、銘柄によって向き不向きがあるのも日本酒の奥深さですね。

1-1)お酒の温度帯で変わる呼び名

冷酒と混同されがちなのが、冷や酒という飲み方です。やの一文字が入るだけで、常温のお酒という意味になります。なぜ冷や酒が常温なのかと言いますと、冷蔵庫の普及が大きく関わります。冷蔵庫のない時代は、日本酒を温めれば燗酒、常温であれば冷や酒と言われ、その名残りが常温を意味する冷や酒の謂れとなっています。

1-2)冷酒にオススメは薫酒や爽酒

日本酒は、製法により多くの分類があります。一般的に冷酒に合うと言われるお酒が、薫酒や爽酒と呼ばれるものです。薫酒は、精米歩合を高めた吟醸酒や大吟醸酒の事です。雑味が少なく、フルーティーな香りとすっきりした味わいが特徴です。爽酒とは、本醸造や生酒等の軽快でフレッシュな印象のお酒の事を言います。一般的には、香りが深い塾酒やコクが深い醇酒よりも、軽やかな飲み口で爽やかな香りの日本酒が冷酒にはオススメです。

1-3)夏以外として鍋にもオススメ

冷酒を飲みたくなるのは暑い夏ですが、酒肴の蔵66がお勧めするのは冬の鍋料理です。熱く火照った口の中をスッキリさせるのに冷酒がオススメです。
 

2)冷酒にお勧めする夏の肴

フルーティーな香りと軽やかな口当たりを楽しむ冷酒には、すっきりとした味わいの肴がオススメです。香りや味わいが強すぎる肴だと、せっかくの爽やかな冷酒が生かされない場合があります。

2-1)夏野菜の煮びたし

冷酒に合う夏の肴としてオススメするのが夏野菜の煮びたしです。出汁の旨味がぎゅっとしみ込んだナスやズッキーニは冷酒にぴったりです。オクラやアスパラガスも相性が良く、パプリカも加えると、華やいだ食卓になります。

2-2)白身魚の刺身

シンプルな白身魚のお刺身も冷酒によく合います。夏の時期には、シマアジやタチウオ、マコガレイにアマダイ等が旬になります。また、ツブガイなどの淡泊で歯ごたえのある貝類のお刺身も、冷酒が美味しくなる肴です。

2-3)香味野菜の冷奴

口がさっぱりする香味野菜をのせた冷奴は、夏の雰囲気を演出できます。シソやミョウガ、ショウガ等は、食欲増進の効果もあり、夏の肴にぴったりです。夏バテ気味の際は、シンプルに食材が味わえる料理が恋しくなりませんか。

2-4)スズキのカルパッチョ

カルパッチョはイタリアの調理法ですが、冷酒との組み合わせにもオススメです。実は生魚をカルパッチョにしたのは、日本が発祥です。夏はスズキ等の白身魚がカルパッチョに良く合います。シンプルにオリーブオイルと塩胡椒で作ると、より冷酒の爽やかな香りとマリアージュを楽しめます。

2-5)レシピも充実する生春巻き

生春巻きも冷酒にオススメしたい肴です。夏野菜と季節の魚介類を好みに応じて組み合わせてみましょう。アジア系の甘辛いソースよりも、レモン塩などのあっさりしたソースが冷酒に良く合います。取り入れる夏野菜や旬の魚、ソースを冷酒に合うように、アレンジを考えるのも楽しみ方の一つですね。

3)お酒に合う肴を提案する 酒肴の蔵66

日本酒を始めとする、酒類の肴を販売する『酒肴の蔵66』。各地の名料理人が、こだわりの地元食材を丁寧に調理し、缶詰、瓶詰めとして販売します。ワイン、焼酎、ビールなど、お酒シーンに合う様々なサイドメニューを提案します。酒肴の蔵66のTOPページはこちら
 

  • 酒肴の蔵66とは
  • 日本酒に合う肴缶詰
  • ギフト商品のご紹介

コンテンツを見る

野田鴨の紹介

コンテンツを見る