魚市場キッチン 南三陸町 カキの醤油麹煮 [ 南三陸町牡蠣/南三陸町おふくろの味研究会]

4570086690250

756円(税56円)

定価 756円(税56円)

購入数

- 魚市場キッチン カキの醤油麹煮 -
南三陸の新鮮なカキを、醤油麹でシンプルに仕上げた缶詰です。魚市場キッチンの隣にあるカキ剥き場から、朝に剥きたてのカキを仕入れた後、直ぐに缶詰にします。美味しいカキだからこそ出来る、食材本来の味を愉しめるような味付けです。ぜひ日本酒と一緒にご賞味ください。


- 世界三大漁場が生み出す豊熟したカキ -
南三陸のカキは、餌となるプランクトンが豊富な環境のため、たっぷりと栄養をとって育ちます。世界三大漁場の三陸沖は、豊富な栄養素の親潮と、温暖な黒潮が混ざり合う事で、大量のプランクトンが発生します。さらに、南三陸の山々から流れる土地の栄養素をたっぷり含んだ水も志津川湾に流れ込み、プランクトンが豊富に発生する条件が揃っています。海の恵みを受けて育ったカキは、プリっとして甘みがあるのが特徴です。


- ラムサール条約に登録される志津川湾 -
豊かな藻場のある志津川湾は、ラムサール条約に登録され、その貴重さが世界的にも認められました。独特の海洋環境を背景に、海藻・海草類210種以上が確認されています。藻場は、海の生き物にとっては餌場や隠れ家、子育ての場となる重要な場所であり、海水を浄化する作用もあります。志津川湾ならではの環境が、豊かな海の幸を育みます。


- 魚市場キッチンとは -
宮城県漁協志津川支所の女性部が中心となって結成された「南三陸町おふくろの味研究会」は、料理上手な地域の“おふくろ”たちが主役。東日本大震災で保存食の大切さを実感した事から缶詰に注目し、志津川湾で水揚げされたばかりの新鮮素材を使い、加工場の魚市場キッチンで一つ一つ真心こめて作っています。


- 熟練の志津川漁協のおかあさん手作り -
魚市場キッチンの缶詰を製造するのは、個性豊かな志津川漁協のお母さん達を中心としたメンバーです。缶詰の原材料(魚介類)には全て南三陸産を使い、一缶ずつ手作りされています。缶詰は食材の味を活かすために幾度と試作を重ね、無添加で仕上げています。南三陸の豊かな海の恵みを知る、極上のおふくろの味です。


- 目の前の志津川湾の市場から直送 -
加工場の魚市場キッチンは、志津川湾の目と鼻の先にあり、水揚げされたばかりの新鮮食材を使用しています。産地ならではの鮮度と海の豊かさを、そのまま缶詰にしてお届けします。


- 召し上がり方 -
優しい味付けで、しっかりとカキの旨味を味わえるカキの醬油麴煮は、日本酒や白ワインとのマリアージュが楽しめます。缶の煮汁ごとオリーブオイルと合わせ、適量のパスタのゆで汁を加えると、パスタソースとしてもお楽しみ頂けます。

※缶詰は湯煎して温めて頂くと、美味しく召し上がれます。缶から取り出す際は、火傷に十分にご注意ください。器に移し替えてレンジで加熱しても召し上がれます。


-商品詳細情報-
品名:カキの醤油麹煮
原材料名:カキ(宮城県南三陸町産)、醤油(小麦、大豆を含む)、麹
栄養成分表示(92gあたり):エネルギー60kcal、たんぱく質6.1g、脂質1.3g、炭水化物5.4g、食塩相当量1.5g
内容総量:92g(固形量:70g)
保管方法:直射日光を避け、常温で保存して下さい。
賞味期限:製造日より常温で1年2ヵ月

コンテンツを見る